チャリコムはリアル過ぎるバイブレーション!?狙える魚は何?鯛で…

2023年夏、とうとうコロナる。

地獄(言い過ぎ)より舞い戻って来た男・釣物語管理人です。

こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

熱は39度前半でまずまずな感じでしたが、何より喉イタがヤバい。ツバ飲み込むだけで泣きそうになるレベルの痛みが来るという。

二度と罹りたくないと思いました。って皆そうか。笑

さて、コロナのお話は切り上げて本題へ。

今回は、超リアル過ぎて困惑!?のNEWアイテム『CHARIKOM』の情報をまとめていきます。

CHARIKOM

Little Jackから2023年10月発売(予定)のバイブレーション『CHARIKOM(チャリコム)』。

チャリコ(鯛の稚魚)の泳がせ釣りによる釣果を元に開発、サイズ感をはじめ形状〜細部に至るまでリアルさを追求した鯛型バイブレーションとなります。

あ。チャリコ釣れてる!?ってなるレベルのクオリティです。笑

リアルさ&実用性の両立。

形状やデザイン、部位毎による鱗目の大きさの違い、骨形状に合わせて張り巡らされた強度に寄与するリブ。


※カラー:キビレ

そして、各ヒレ(胸・背・尾)にソフト素材を採用し、機敏なアクションの実現、飛行姿勢の安定化による飛距離性能の向上、バイト時の違和感軽減などが図られています。

フックには、刺さり&強度面で信頼性のあるBKKのトレブルフックが採用されています。

単に見た目のリアルさだけでなく、従来のルアー=バイブレーションとしての実用性もしっかり備えているんすね。

鯛で〇〇を釣る!?

泳がせ釣りないし、ルアー釣りをしているお人は察しがついていると思いますがm(__)m

チャリコムは、体高のある魚がベイトとして青物やフラットフィッシュ、シーバスなどに捕食されている状況を想定して開発されています。

まさに泳がせ釣りのエサ(魚)をそのままルアー化したという感じでしょうか。

また、様々なベイト&フィールドに対応すべく、サイズ&カラーが数パターン用意されてて中には、ブラックバス向けのものなんかもあります。

つまり海水・淡水問わず、体高のある魚を捕食している魚全般がターゲットという認識でOKです。



スペック


※カラー:ClEAR CHARIKO

■ CHARIKOM 55

・サイズ:55mm
・ウエイト:11g
・フック:フロント#14/リア=#16(逆付)
・価格:1,580円

■ CHARIKOM 65

・サイズ:65mm
・ウエイト:22g
・フック:フロント#8/リア=#10(逆付)
・価格:1,680円

カラーラインナップ

#1 桜CHARIKO
#2 真鯛
#3 黒鯛
#4 キビレ
#5 KONOSHIRO
#6 HIIRAGI
#7 CHART HEAD GLOW CHARIKO
#8 ClEAR CHARIKO
#9 LASER CHARIKO
#10 BLUEGILL

2サイズ10色の展開となります。

チャリコ系のカラーを淡水で、ギルカラーを海水で・・・みたく斬新なカラーチョイスをしてみるのも面白そうですね。

バスには色々と通用しそう。

ぷちまとめ

リアルさ&実用性を両立した鯛型バイブレーション『チャリコム』。

チャリコ=アオリイカ!!

のイメージが強いですが、意外にアレコレ喰って来るという。

まあ泳がせ釣りと同じようには行かないでしょうけど、色々と狙えて楽しそうではありますね。

ホントにリトルジャックの再現度の高さは凄い。

引用・出典
https://www.little-jack-lure.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブエナビスタコンボは携行性高めのライトタックル?シエナコンボは?

グッドロッドは汎用性も備えたオシャカワロッド!!狙える魚種は?

マグバイトのデイゲームパックはちょい投げにピッタリ!五目狙いも可

CP1000は万能チョイ投げオールインワンバッグ!CP-X1との違いは?

快適波止タチウオテンヤSS直行パックはウキ派・初心者にもオススメ?

ポケベイト(グッドミール)は臭わない&幅広い魚種に対応する万能エサ?