EARLY for Surfはサーフに求める要素が満載!軽くて汎用性も高い!!

こんにちは。

電話で起こされても寝てなかったフリをする釣物管理人です。

友「もし…あ〜寝てた?」
俺「うい。いや、あのあれしてたわ。」

みたいな。ついやっちゃう。なんなんすかね。

さて、私の謎の癖はおいて。今回はYAMAGA BLANKS(ヤマガブランクス)から10月下旬に発売されたサーフルアーゲーム用ロッド『EARLY for Surf (アーリー・フォーサーフ)』についてチェックしていきます。

EARLY for Surf とは

アーリー・フォーサーフは、サーフゲームにおいて重要視される優れた遠投性能、そして長時間ロッドを操作するコトを想定した軽さ(軽量ブランク採用)と軽快なキャストフィールが際立つロッドとなっています。

また、遠投性能が必要とされるサーフ及びサーフ&ゴロタ浜といったサーフフィールドをはじめ、波止、ゴロタ場、平磯でのフラットフィッシュやヒラ・マルスズキ、さらに小型青物狙いのライトショアジギングといったあらゆるゲームに対応する高い汎用性を有しています。

簡単にまとめるとアーリー・フォーサーフは優れた遠投性能を軸に軽さとキャストフィール、汎用性をも備えたサーフロッド・・・・って所ですね。

機種情報!


では、デビューから間もないアーリー・フォーサーフ全3機種のスペック&特長をザクッとまとめていきます。

※追加機種があるなら後に追記します。

EARLY 103M

・全長:3150mm
・仕舞寸法 : 1608mm
・自重:174g
・ルアー:8〜42g
・ライン:PE0.8~1.5号
・カーボン:94.2%
・価格:32,000円(税抜)

遠投性能はもちろん、9cmサイズのミノーから40gまでのシンペンにジグミノー等、幅広いルアーを扱える汎用性、あと高い感度も兼ね備えた一本です。

個人的にですが、アーリー・フォープラスいち扱いやすいという印象を受けたモデルでもあります。

EARLY 109MMH

・全長:3295mm
・仕舞寸法 : 1690mm
・自重:195g
・ルアー:8g〜50g
・ライン:PE1~2号
・カーボン:95.6%
・価格:33,000円(税抜)

ロングレングスが生みだす抜群の飛距離と大物を獲る為の性能を備えたモデル。

遠投性能に着眼して設定されたバットパワーと8g程度のプラグにも対応する繊細なティップの融合したブランクスが、遠距離での繊細な釣りをも可能にしています。

また45g前後のプラグ類をストレスフリーに扱えるので、ゴロタ浜や平磯でのマルスズキ・ヒラスズキゲーム狙いにもイケます。

EARLY 105MH

・全長:3180mm
・仕舞寸法 : 1630mm
・自重:192g
・ルアー:10g〜50g
・ライン:PE1~2号
・カーボン:95.9%
・価格:34,000円(税抜)

遠投性能と振り抜けの良さ、粘りのあるバッドが生む強靭なパワーが特長の一本です。

50gまでのルアーを遠投する為に練り上げられたブランク、そして粘りのあるバッドは高い遠投性能を発揮するだけでなく、ターゲットとのファイトを優位に運ばせ、さらには軽快な使用感も実現しています。

共通仕様


・ガイドは全てSIC-Sリング/ステンレスフレームKガイド(Fuji)仕様。

・リールシートはDPS18(Fuji)アップロック仕様。

・ジョイントは逆並継。

適合スピニングリール目安は、D社製:3000~4000番 / S社製:4000~5000番前後です。

ぷち感想・まとめ

全機種、広大なサーフほか様々なフィールドでの釣りを軽快かつ快適に、それでいて本気で楽しませてくれるコトは間違いないでしょう。

個人的にも好きなヤマガロッド(特にブルーカレント)。お馴染みの粘り、そして遠投性能に軽さとキャストフィール、汎用性。サーフロッドにこの辺の条件を求めている人は『EARLY for Surf(アーリー・フォーサーフ)』、手に取ってみては如何でしょう?

ただ、満足感は人によって異なります。実際に私の友人は実物に触れずネットで速攻購入してしっくり来なかった・・・・なんてボヤいていたので、購入を検討してる人は実物に触る機会があればですが、一度手に取ってから購入することをオススメしたい。

引用元:http://yamaga-blanks.com/product/seabass/earlyforsurf/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。