ガルバイブはギル型ワーム+TNトリゴン!の顎?なハイブリッドルアー?

激ウマチョコ菓子「ブラックサンダー」。

の、サンダーの意味を知った時の衝撃たるやまさに雷に打たれたソレ。サンダーだけに!

これは決まったハズ・・・・釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

ブラックはココアクッキーを指し、サンダーは戦隊ものぽくてなんかカッコいいからという。笑

名前も含めて駄菓子っぽくて好き。

ちょっと自分でも何言ってるか分からなくなって来たので、本題へ行きます。

今回は、巻き物の季節(〜11月)に使いたい!ソフトバイブレーション『GALVIBE』の情報をチェックしていきます。


GALVIBE

JACKALLより2022年9月発売予定のバス用ソフトバイブレーション『GALVIBE(ガルバイブ)』。

バイブレーションは釣れるけど難しい、かと言ってワームを使うと根掛ってしまう!

そんなエリアの攻略に必要な能力・柔軟性を備えたワームに近い?ハイブリッドルアーとなります。

ソフトボディをフル活用!

ガルバイブの強み・ポイントを簡単に綴っていきます。

ソフトボディが、プラグには生み出せない艶めかしい動きと波動を発生させてバスへアピールします。

ボディとフックが干渉して発生する音で無駄なプレッシャーを与える心配もありません。

そして、


※カラー:ライムチャートシャッド

バイブレーションプラグ『TN-トリゴン』の”アウトメタルシステム”を彷彿とさせる顎ウエイトは、引き抵抗と操作感、ボトム感知能力・飛距離性能を向上させています。

※O.M.S(アウトメタルシステム)の特性

・飛行姿勢&アクションの安定化
・ボトム感知能力&スナッグレス性能アップ

形状は異なりますが、ほぼアウトメタルシステムの特性を継承していると言っても良さそうですね。

また、根掛り多発フィールドではトリプルフックを外してシングルフック仕様に切り替えるコトが可能です。

プラグの場合、シングルフック仕様にすると根掛りを軽減出来たとしても同時にフッキング率(ノリ)もかなり落ちてしまいますが、ソフトボディならプラグほどフッキング率が落ちるコトが無いという。

ここでもソフトボディの良さ、柔軟性が活かされてますね。

私の中でのガルバイブは、改良したギル型ワーム『DEADFIN DARTER』に、バイブレーションプラグ『TN-トリゴン』の”アウトメタルシステム”を融合させたみたいな印象です。



スペック


※カラー:インパクトレッドキラー

■ 
GALVIBE

・サイズ:88mm
・ウエイト:22.1g
・タイプ:Sinking
・入数:1個
・腹フック:ST36MF#4
・価格:1,265円(税込)

カラーラインナップ

キンクロシャッド
SKダークサンダーシャッド
ブルーギルパール
グラススモークブルー
ブラッドブルーシャッド
SKシークレットシャッド
ライムチャートシャッド
インパクトレッドキラー

以上の8色となります。

時間帯や水質に合わせてカラーを意識して行きたい所ですが、好みのカラー、使ってみたいカラーみたいな基準で選んでも良いかと。

私はブルーギルパールが好み(*´ェ`*)

※保管時の注意点!!

色移りや溶けによるトラブルを避ける為に、他のハード/ソフトルアーとは別に単品で保管するようにしましょう。

ぷちまとめ

「TN-TRIGON」のアウトメタルシステムさながらの顎ウエイトを搭載したギル型ワーム寄りのソフトバイブレーション『GALVIBE(ガルバイブ)』。

狙いが定めにくい秋バスやプラグを嫌がるバス攻略、また根掛りに強いという特性を活かしてディープエリアをゴリゴリ攻めて行くのも◎。

私自身、バイブレーションはラッキークラフト(LVとベビー)に頼りがちだったので、攻略の幅を広げるべくガルバイブも取り入れてみたいm(_ _)m

引用・出典
https://www.jackall.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジューブルはソフトボディのバイブレーション!冬のバスに効きそう!?

キュアポップスピンは数釣りにもおすすめ!?超小型スピナーベイト!

キュアポップクランクは数釣りにぴったり!?超小型クランクベイト!

ヘカート7はベイトフィッシュと虫要素を持つルアー?推奨タックルは?

イノーマスチューブは斬新過ぎるビッグベイト?もはや見た目はUMA…

リズムワグはリグ・使い方いっぱい万能ワーム!推奨フックサイズは?