快適職人サビキシリーズの使い分けは?仕掛け手順やカゴの重さ確認も

愛車のソードフィッシュⅡ(ミニチャリ)を久々に操縦するもタイヤが曲がってて真っ直ぐ進まへん。

土手沿いで油断してたら真っ逆さまに落ちてデザイアしそう。

って思いました。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

日記感。笑

さて。

今回は、初心者やファミリーでも楽しみやすい釣り・・・・穴釣りorサビキ釣り。

の後者の方で使いたい『快適職人サビキ』シリーズの情報やサビキのハウトゥー的な所をまとめていきます。

快適職人サビキシリーズ

DAIWAより2021年4月発売予定のサビキ仕掛け『快適職人サビキ』シリーズ。

魚がいる&仕掛け手順さえ間違わなければ、簡単に数釣りや様々な魚種が釣れる!!

初心者、あるいはファミリーフィッシングで楽しめるサビキ釣りをより良きモノへとすべく、針カラー〜擬餌に至るまで拘りぬいた本格仕様のサビキ仕掛けとなっています。

特徴

針のカラーは擬餌の種類・特徴(スキン/カラー)に合わせたオリジナルカラーが採用されています。

※例:ピンク疑似=ピンク針みたいな。

ここは釣果に関わる大きな部分でもありますね。

擬餌の長さ・太さ(幅)は針毎のサイズに合わせたものとなっています。

続いてライン・・・・メインラインには、しなやかで糸グセがつきにくいDAIWAのハイコスパなフロロカーボンライン「D-FRON」を使用。

メインラインから枝分かれする枝糸(エダス)は、擬餌が動きやすくするよう針サイズに合わせた設定が施されています。

で、これ全てが完全手作業(ハンドメイド)で製造されているという(・∀・)

シリーズ通しての特徴はこんな所ですかね。

シリーズ(擬餌)の使い分け

快適職人サビキシリーズの疑餌は・・・・

  • スキン=ピンク/ホワイト/ケイムラ
  • サバ皮=ケイムラ

の四種類から展開されます。

ではこの違い、使い分けについて簡単に綴っていきます。

スキン


※快適職人サビキ ソフトアミエビ ケイムラ

・ピンクスキンは、コマセ(アミエビ)に最も同化しやすい王道の仕掛けです。

・白スキンは、コマセ(アミエビ)でのアタリが今ひとつの際に変化を付けられる仕掛けです。澄み潮時にもたいへん効果的とされています。

・ケイムラスキンは、魚がやや深場にいる場合、また濁り潮時などにアピール力を発揮してくれます。

サバ皮


※快適職人サビキ サバ皮ケイムラ

・サバ皮ケイムラは、スキンサビキは出せない自然な動きで魚にアプローチするコトが出来ます。コマセが通用しない、スキンにアタリがないといった際にも無双に持ち込めるコトがあります。あとメバルとも相性が良い。

ハリのサイズは?

ここまで書いたらハズせないのが、針の大きさ(号数)です。

アジのサイズによって・・・・

・豆アジ(〜10cm)=3〜4号
・小アジ(15cm前後)=5〜6号
・中アジ(20cm〜)=7、8号〜

こんな感じで使い分けていくとよろしいかと。

つまり疑似の種類+針のサイズも3パターンは用意しておいた方が良いってコトになりますね。

向かう釣り場の情報(釣れているアジのサイズやパターン)を事前にチェックしておけばある程度絞ってイケます。釣具屋さんで聞いてくのもあり\(^o^)/

カッ…カゴの重さは?

タックルの適応ウエイトや釣り場によりますが、個人的にはやや重たいめの方が扱いやすいと思います。

理由は単純に潮の流れが強かったり、水深があっても対応出来るからですね。

そこまで流れが強くない、深くないといったポイントなら軽めでもOK!!

ので、

10〜20号

でm(__)m

重さはパッケージならびに、本体の重り部分の刻印で確認しましょう。

仕掛け取り外し手順に注意!


サビキ仕掛けを使用するにあたって結構に重要な注意点・・・・サビキ仕掛けをセットする際の手順について綴っていきます。

テレスコ(振り出し)ロッドの場合、ロッドを伸ばす前にガイドに道糸(リールに巻いてる糸)を通しておきます。

パッケージの正面から向かって右後ろにあるスイベル(サルカン)を取り出し、①で用意した道糸と結びます。

パッケージを左右から抑えた状態で、ロッドを先の方から伸ばしつつ、サビキ仕掛けを上に向かってゆっくりと引っ張り抜いていきます。

針、そしてスイベル&スナップがパッケージから出たらばアミカゴとドッキング!

です。

ポイントは、先にサビキ仕掛け(台紙)をパッケージから全部出さないって所ですね。

さすれば仕掛け時のライントラブルという一番無駄なミスが抑えられるハズm(__)m

スペック


※快適職人サビキ ソフトアミエビ ピンク

快適職人サビキ ソフトアミエビ/サバ皮ケイムラ

・フックサイズ:3〜10号
・フック本数:6本
・価格:380円

サバ皮ケイムラのビーズは朱(あか)

 

快適職人サビキセット ※5月発売予定

・カラー:ピンク/ケイムラ
・フックサイズ:0.5〜8号/3〜8号
・フック:5本
・アミカゴ:12号
・価格:500〜520円

こちらは通常の快適職人サビキより遅れて発売のアミカゴ(下カゴ式)がセットとなったバージョンです。

ぷちまとめ&注意!!

もっと簡単にまとめるつもりだったが、他パーツが。笑

サビキ仕掛けはもう色々なメーカーから発売されていますが、DAIWA好き。また『快適職人サビキ』が気になったってお人はお試しあれ。

最後に!!

マナー守って釣りしているお人たちには不要な話ですが・・・・

片付けの際にサビキ仕掛けやパッケージのポイ捨て&釣り場アミエビ汚し放置はNGで!

サビキは再利用あるいは持ち帰って処分を。釣り場をアミエビで汚してしまったらキレイに流して帰りましょう。

釣り場を元通り、もしくは元よりキレイに。です。

引用・出典:https://www.daiwa.com/jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイニースプリットプライヤーは小さいけどガチ!?な、超本格仕様!

レインズワイドバッカンは釣り他アウトドアにも最適!結構おしゃれ!

レインズカウンターで可愛くカウント!数釣り勝負、記録作りにイイネ

フィッシュホルダー240Cがホルスター付きで便利!しかもかっこいいぜ

ネオマグフックキーパーは何グラムにまで対応!?小移動時に役立つ!

エコギア アクア携帯パウダーの効果は液漏れ防止+α?もはや魔法の粉!