【バス】BPMにNEWモデル追加!ライトリグと巻物系向きのモデル?

いつからか見えバス釣りを粘らなくなった・・・

こんにちは。釣り物語管理人です(^^)/大体2投でスルーですわ。まあ釣れて無いってことは先にバスにスルーされてるってコトなんすがね。くっ。

ということで、今回はバスネタ。ロッド!あ、バスロッドの初めてやった。平成最後にして記念すべきバスロッド一発目!!JACKALLのバスロッド『BPM』シリーズに2019年新たに追加予定の2モデルの情報をチェックしていきます。

BPMとは


「BPM…beats per minute」

用途に合わせてブランク設計された基本モデル〜特化モデルまで計14機種の豊富なラインナップでお届け!時代に合わせ変化・進化するスタイルに溶け込むJACKALLのバスフィッシングロッド『BPM』シリーズ。

各スタイルに合わせたイメージカラー (=ベーシック/シルバー=パワー/オレンジ=ビッグベイト)を配することで確立された個性、そしてデザイン&質感から漂う高級感もまた魅力のシリーズですね。

追加機種情報!

よっしゃ!14機種全部書いたろ!!と思ったけどそれはまた別の機会に・・・(面倒くさいからじゃあないんだからね)

2019年発売予定のNEWモデル2機種の情報を書いていきます\(^o^)/

※ガイドは富士工業製のガイド使用。


■ BC-62ML-BF

・全長:6’2″ft
・自重:125g
・適合ルアー:3.5〜18g
・適合ライン:8〜16lb
・アクション:ミディアムライト
・価格:14,200円(税別)

こちらのモデルはベイトフィネスモデルです。

ベイト×フィネスならではのキャスタビリティ・ライトリグとの相性の良さを活かして、スモラバやワーム等を用いたピンポイントの釣りや繊細なアクションを行う釣りに使用したいですね。

 

■ BC-66ML-G

・全長:6’6″ft
・自重:125g
・適合ルアー:5〜18g
・適合ライン:8〜16lb
・アクション:ミディアムライト
・価格:14,500円(税別)

こちらはグラスコンポジットモデル。

グラスとカーボンそれぞれの特長を(良いとこ)備えた仕様で、トップやクランクベイト等といった巻物系と合わせて使いたいロッドですね。

グラスコンポジットにはバラシにくいというメリットもあるので巻物系が苦手という人にもいいかもしれません。

ぷちまとめ

2019年追加で登場するモデルはベイトフィネス&グラスコンポジットモデル!!

性能にも定評あるシリーズという部分や価格面から初心者の一本目に・・・はちょっとあれかもなので、二本目とかに良さそうですね。あとはゲスト用、サブロッドとしても◎

今回紹介させて頂いた『BPM』シリーズのほんの一部です。他にも自身に合った、使いたいモデルなんかも存在すると思われます故、上記二機種以外に興味お有りという人はそちらも是非チェックしてみて下さい。

当サイトでも後にまとめてい・・・けたらと思っています。

引用・出典元:https://www.jackall.co.jp/bass/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。