メタルマジック ショアはTGモデルの良い所をほぼ継承?使い方は簡単?

出梅を迎えていよいよ夏本番!

浮き輪でずっと漂っていたい・・・・無論、足の付く範囲で。

泳げるか泳げないかで言うと誇張して15mくらいは泳げる!気持ちだけはブリ!!

釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

ふっ。

さて今回は、ブリなど青物・回遊魚をターゲットにおいたショアジギング向けのアイテム『MetalMagic Shore』の情報をまとめていきます。

MetalMagic Shore

コーモランのSWブランド”AquaWave(アクアウェーブ)”から2021年8月発売予定のテールスピンジグ『MetalMagic Shore(メタルマジック ショア)』。

オフショアモデルとして発売されながらもショアにも対応する!!

既存の「MetalMagic TG」を改良して、よりショア向けの仕様にしたモデルって所でしょうか。

ポイント!

メタルマジック ショアは・・・・

TG(タングステン)モデル同様、優れたボディバランスにより低速〜超高速巻きといったあらゆる巻きスピードでも安定したスイム姿勢をキープします。

そして、ボディ素材にを採用したコトで、高比重のTGモデルより沈下速度が抑えられてシャローレンジが攻略しやすくなっています。

あと価格が抑えられているのも大きなポイントですね!

フック・ブレードシステムは、各ウエイトに合わせて「パワー重視の太軸シングルフック」or「スナッグレス性能の高いダブルフック」+引き抵抗とアピール力を両立する「小型のコロラドブレード」が装備されています。

※フックシステム


30g&40g=シングルフック
20g=ダブルフック

この本体とフックを繋ぐスプリットリングも大型魚に対応する高強度のモノが使用されています。

ここもまたTGモデルと同じです。

シルエットやサイズ感に関しては、TGモデル並み・・・・とまでは行きませんが、それでもコンパクト設計に違いはないので小型ベイトパターンで活躍してくれるハズ!です。

それぞれの素材のメリット・デメリットを活かしてフィールドや状況、パターンに応じて使い分けると攻略の幅が広がるコトでしょう。

使い方は?

もはやお察しかと。基本的な使い方は、

投げて巻くだけ!

任意のレンジ・巻きスピードで巻いてくればOK。さすればテールに配備されたコロラドブレードが回転して魚たちにアピールしてくれます。

フォールなんかも交ぜたい所ですが、エビりやすくなると思うのでフォールを入れるならカーブフォールなど、ラインテンションを掛けた方がいいかもですm(__)m

ここはキャスト後のフォール中にも当てハマりますね。

スペック


※カラー:シルバー

■ MetalMagic Shore

・ウエイト:20g/30g/40g
・価格:836円〜924円

カラーラインナップ

※左=ボディカラー/右=ブレードカラー

アカキン/ゴールド
イワシ/ゴールド
ピンクバック/シルバー
ゼブラグロー/シルバー
グリーンゴールド/ゴールド
ブルピン/シルバー
シルバー/シルバー
UVピンクシグナルO.B./ゴールド

以上の8色となります。

TGモデルと比べて倍以上値段が違いますから、かなり手を出しやすくなったとも言えそうですね。

ぷちまとめ

TGモデルのフォルムからスイム姿勢、フック・ブレードシステムほぼそのままに素材を変更して、よりショア向けにしたテールスピンジグ『MetalMagic Shore』。

使い方も投げて巻くだけと簡単なので、ショア入門者あるいは初心者のお人にも扱いやすいかもですね。

発売までもう間もなく?です。気になったお人は是非、お試しをm(__)m

引用・出典:Viva-netより

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マキジグ スローはどうしても釣りたい人の為のメタルジグ?巻くだけ?

ヤミージグTGは極小ベイトパターンにマッチする多目的ジグ!初心者も◎

太刀ジグは完全タチウオ専用設計メタルジグ!ブームに乗り遅れるな!

ヘビーショットは扱いやすさに定評あり?遠投性能良し!汎用性…良し!

サゴシーZ95HSは価格設定が魅力のミノー!アクションは間違いない!

ビッグバッカースピンはストレスフリーのテールスピンジグ?弱点は…