オーシャンゲートLGMIXはライトゲーム対象魚にほぼ対応するロッド?

2021年、梅雨入り早くね(゚A゚;)

まかさアウトドアブームを潰しに掛かって来ている・・・・のかい?って思ふ。

釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

言うても梅雨は梅雨で盛り上がる釣りもあるっすもんね。ナマズとかテナガエビ釣りなんて特に。

はい。ほぼ梅雨時の予定が決まった所で!

今回は、初心者のお人にも良いかも!?一本で色々な釣りが楽しめるライトゲームロッド『Ocean Gate LightGame Mix』の情報をチェックしていきます。

Ocean Gate LGMix

JACKSONのSW用ロッド”OCEAN GATE(オーシャンゲート)”シリーズから2021年6月発売予定のライトゲームロッド『Ocean Gate LightGame Mix(オーシャンゲート ライトゲームミックス)』。

堤防に港、河口といったあらゆるフィールドや時間帯、あるいは状況によってランダムでエンカウントするアジにメバル、メッキ・カマス・根魚・チヌ・イカなど様々なターゲットたち。

ライトゲームミックスは、此れ等のターゲットたちに即対応する柔軟さを備えたマルチロッドとなっています。

スペック


では、全2機種のラインナップからなる「オーシャンゲート ライトゲームミックス」のスペックと得意分野の釣りについてまとめていきます。

の前に・・・・2機種の共通ポイントを先にチェックしておきます。

【共通ポイント】


ライトゲームミックスのガイド&リングには、ライントラブルを軽減してくれる「Fuji社製Kガイドフレーム+アルコナイトリング」が搭載されています。もちPEラインにも対応します。

※素材:カーボン繊維98%/ガラス2%/エポキシ樹脂

…あとですね、

下記項目(コメント欄)にたいへん参考になるハイパーインプレッションあります!

なので、購入検討されているお人は是非目を通してみてくださいm(__)m

JOG-74L-K ST LGMIX

・全長:223cm
・自重:93g
・継数:2本
・仕舞:115cm
・先径:0.8mm
・適応ルアーウエイト:1.8〜19g
・PEライン:0.2〜0.6号
・パワー:ライト
・アクション:エクストラファースト
・価格:15,500円

ロッドを縦に動かすアクションを得意とするショートソリッドモデル

トップガイド〜2?3番?ガイド付近までをソリッドティップ(穂先)にするコトで、ティップのブレを制御して高い操作性を実現しています。

またソリッドティップならではのバイトに対するレスポンスも抜群!

ジグ単からキャロ、ワインドにライトテキサス、フリーリグ、メタルジグなどの釣りに対応。ほかにもチヌのボトムゲームやエギング(2.5号)のショートピッチジャークも◎

JOG-76L-K LGMX

・全長:228cm
・自重:91g
・継数:2本
・仕舞:118cm
・先径:1.1mm
・適応ルアーウエイト:1.5〜17g
・PEライン:0.2〜0.6号
・パワー:ライト
・アクション:ファースト
・価格:15,000円

ロッドを横に動かすアクションを得意とするチューブラーモデル

操作性を重視した調子に設定されているのでルアーの操作におけるレスポンスは良く、また状況に応じて掛ける釣りだけでなく乗せる釣りにも対応します。

※主にチューブラーティップは掛け調子/ソリッドティップは乗せ調子

ジグ単からキャロ、プラッキング、メタルジグなどの釣りに対応。チヌのトップゲームやライトエギング(1.5号~2.5号)も◎。

餌を使ったライト仕掛けによるちょい投げも出来そうですね。

ぷちまとめ

特化していない分、アジ・メバルのいずれかを対象にした限定の釣りにおいて劣る部分を汎用性を持たせるコトで補ったオーシャンゲートシリーズのアジ/メバルモデルのハイブリッドモデルといった印象です。

価格が抑えられている所も魅力的ですね。

色々なルアーやリグを使いたい、また多くの魚種を一本のロッドで釣りたいというお人はライトゲームロッド『オーシャンゲート ライトゲームミックス』は要チェックです(^^)/

引用・出典
https://jackson.jp/

 この記事へのコメント

  1. より:

    両方購入、半年程度使い込んだ印象ですが、、

    の前に、、

    先ず持ってソリッドティップは乗せ調子、チューブラーが掛け調子です。

    これはソリッドの方がティップが柔らかくバイトに対して追従性が良いからです。

    その反面、細かな反響感度や操作性はチューブラーに軍配が上がります。

    上記の点は、ライトゲームミックスでも、
    当てはまりますので読者に誤解を与えないよう、ここにコメントを残させて頂きます。

    長くなり申し訳ありませんが、
    私が半年ほど当該2機種を使用した感想ですが、

    〜ソリッドモデル〜
    ・シンカー2〜14g(特に3〜7g)を使用したライトロック
    ・小場所でのシーバスプラッギング
    ・アミパターン時のフロートメバリング
    上記の様な、バイトが出てから少しタメを効かせ弾かない様にフッキングする釣りに向いていると思いました。

    〜チューブラーモデル〜
    ソリッドモデルで出来たことは多少弾きますが、なんでも出来ます。
    それ以上に、この操作性と感度は安価な汎用ロッドの中でもかなり良くできてます。
    ・キャロを用いたアジング
    ・フロートメバリング
    ・ライトエギング
    ・メッキゲーム
    ・ライトロック
    本当になんでも来い、と言った感じです。

    ※正直、ソリッドに余程の拘りが無い限りこちらの方が汎用性は遥かに高いです。

    以上、長文失礼しました。
    ご検討されている皆様の参考になれば幸いです。

    • 釣物語管理人・A より:

      ご指摘&インプレありがとうございますm(__)m
      完全にやらかしてますね。
      加筆修正しつつの、あとインプレコメント使用させていただきます。

      • より:

        どうぞよろしくお願いしますm(__)m

        この竿で
        50センチ前後のチヌやヒラメ、
        クロソイも釣って試しましたが、

        バットは粘りが強くラインシステムとドラグ値の相談だけしていれば、安心して魚を浮かせるパワーはありましたよ!

        逆に5グラム前後のキャロを用いた豆アジングでアタリを掛けるのに、十分な感度も持ち合わせています。

        尺メバリングなんかにも、
        持ってこいなイメージで良いかと思います。

        • 釣物語管理人・A より:

          なるほどです!誇張なしにコスパの良いロッドと言えそうですね。
          クロソイ、アイナメ、キジハタ(稀)、チヌも混ざる私の行きつけのポイントにもズッポしハマるロッドとも。笑

          なさんに追随する形で、色々なメーカーのロッド試したい派(派閥があるかは分かりませんが)の私もライトゲームミックスの購入を検討したく思いますm(__)mこれマジです。笑

          前回に続いて詳細且つ貴重な情報を提供していただきありがとうございます(・∀・)

    • K より:

      インプレを参考にして購入させて頂きました。
      先日バチ抜けシーバスで入魂してきました。
      非常に汎用性、コスパが高い良いロッドでした。
      ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベイミクスは様々な魚種と釣法、フィールドに対応する汎用ロッド!?

21月下美人MXアジングは軽さ+感度に磨きが掛かったアジングロッド!

メバリングXはコスパ高い!初心者にもピッタリなメバリングロッド!

BRSライトゲームモデルの基本性能が高くて初心者にも扱いやすそう!

19 FINEZZA(フィネッツァ)は完全メバリング仕様の超本格派ロッド!

21月下美人MX・メバルはハイクラス並みの仕様の中級者向けロッド!?