RGM回(ロロ)は初心者にオススメ?使いやすい&色々狙えるスピナー!

鼻をかんだらドン引きするレベルで血が出てビビる。

外出先じゃあなくて良かったって思いました。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

ほじくって深追いしたワケでも、エイチな想像したワケでもありません。よ?おそらく。

春先あるあるです。

さておき。

今回は、初心者のお人にも良さげ!?マルチに活躍する万能系ルアー『回 RORO』についてチェックしていきます。

回 RORO

JACKALLの”RGM(ルースターギアマーケット)”ブランドから2024年発売予定のタングステンスピナー『回(ロロ)』。

金属ブレード+ボディ(ウエイト)+トレブルフックからなるシンプルな構造で、水流を受けたブレードが”回”転、フラッシングでアピールするといった仕組みのアイテムです。

渓流・淡水をはじめ、汽水域に海水と対応するフィールド・対象魚も様々です。

※対象魚=トラウト系、バス、ギル、アジ、ロックフィッシュ、カマス、メッキ、シーバス、チヌ系など。

特徴と使い方

ロロは、クレビス(金具)を介さず、ブレードにワイヤーを貫通させた立ち上がりの速さと安定性の高いアクションが特徴の「インラインブレード型スピナー」となります。

また、ウエイトにタングステン(TG)を採用して全体の小型化、ブレードは流れが効いた状況でも使用感が得られるよう痩身専用設計のものが搭載されています。

使い方については、ほかスピナーと同様に

基本は巻くだけ!!

巻きスピードは、低速〜高速まで対応しています。

フォール等が有効となる場合もあるので、状況やターゲットに応じて、巻きスピード調整したり、フォールで変化をつけたりと他ルアー・ワームと合わせて使い分けていきましょう。

と。

ここまで見ると良いこと尽くめなスピナーですが、もちろんデメリットもあります。

スピナー最大の欠点と言えるのが、糸ヨレによるライントラブル!

昨今では、糸ヨレ対策が図られていますが、それでも・・・といった感じでしょうか。

あとは飛距離が出せない、小物がメインとなる等ですかね。

ただ、巻きメインで使いやすく、釣るという点においては高い力を備えているので、初心者のお人の強い味方になってくれるコトは確かかと思います。

小場所をサクッと、また短時間の釣行で投入するのもあり!!



スペック


※カラー:カッパーブラック

■
回(ロロ)

・ウエイト:3g/4.8g
・フックサイズ:#14/#12
・リング:#1(相当)
・メーカー希望価格:858円/880円(税込)

カラーラインナップ

チャートゴールド
ピンクシルバー
ネオン
シルバーゴールド
ゴールドレッド
カッパーブラック
グリーンオレンジ
レッドシルバー

以上、2ウエイトの8色展開となります。

淡水・海水向けのカラー、どちらでも通用しそうなカラーラインナップです。

ぷちまとめ

基本は、巻くだけ!様々なフィールドや魚種に対応する万能タングステンスピナー『回(ロロ)』。

バスとギル、チカダイ、海水ではアジ、メバル、カサゴを釣っていますが、久しく使っていないタイプのルアーでもあるので、久々に使ってみたかったりもする!

スミスの『AR-S』以来っす。

発売されたらば、どれくらいの実力を秘めているのか確かめてみたくm(__)m

引用・出典
https://roostergearmarket.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリテンバイブ33は究極の小型サイレントバイブ!使うタイミングは?

「RGM 黍-きび-」はライトゲーム+αの釣りに対応するマルチなルアー!

ソルティーステージ マイクロ鉄板は初心者に優しい仕様?使い方は?

13-NUT(ビーナッツ)はハイブリッドボディ構造でメバルを誘惑!

スミスのメバル用プラグ・スモーキー(PK)シリーズ特徴まとめ!

ナノラバは何でも釣り放題タイラバ!?こんなの面白いに決まってる…