テトラワークス メガロパは豆アジ狙いにおすすめ!使い方もチェック!

今、豆アジ釣りが熱い!

私の中でなあ!!と言いつつ、先日は穴子釣りに行ってましたm(_ _)m釣物語管理人です。こんにちは。

本命2本+エサ取りがキスという最高の釣行でしたわ\(^o^)/

では、話を戻して。今回はこれからの夏時期。豆アジがワラつくような時に役立ちそうなワームを一つ!DUOの『Tetra Works Megalopa(テトラワークス メガロパ)』の情報をまとめていきます。

Tetra Works Megalopa

DUOのライトゲームSWブランド”Tetra Works”シリーズの豆アジ専用ワーム『Tetra Works Megalopa(テトラワークス メガロパ)』。

アンダー1inchというサイズ感(シリーズイチの小さい)と形状、アクションに至るまでを甲殻類の幼生をイミテートしたアイテムで、豆〜中型サイズのアジを狙うのに打って付けのワームとなっています。

小さくても大丈夫。

ワームが小さいとなると色々と思う所がありますよね。


※左:テトラワークス チョップ(35mm)との比較画像。

ターゲットに気づかれないのでは?とか。操作感は大丈夫なのかしら?と。

後者に関しては、ロッドの性能によって差が出てくるかもしれませんが・・・・基本は大丈夫\(^o^)/

メガロパは、リブ入り横広扁平ボディ設計で、波動を発生させつつ水の抵抗を受けるので小さいながらにしっかりターゲットにアピールして、かつ、操作感も味わえます。

アピール力あり!操作性も良いくて使いやすい!さらにテールは豆サイズのアジにも吸い込みやすい設計となってるので、活性が良いようならもうバックリすわ!!!

使い方!

基本的な使い方は・・・

着水後、任意のレンジで軽くロッドをパンパンと数回弾いてそこからフォールさせて喰わせる。

といった感じですね。イメージとしては甲殻類が漂うイメージで。

扁平ボディ効果によるスローフォールを活かした使い方ならフォール主体の釣り向きといった所ですか。軽量・小さめのジグヘッドと合わせて使いたい^_^

スペック


■ Tetra Works Megalopa

・サイズ:20mm
・本数:16本
・価格:500円

カラー

【GLOW 緑】
S501 スノーゴールド
S502 つぶつぶピンク
S505 アミっこ

【GLOW 青 】
S504 イワシっこ
S510 ミドキン

【UV(ケイムラ)】
S506 ライムサイダー
S507 ピーチサイダー
S508 レモンサイダー

【ノーマル】
S503 しらすっこ
S509 マズメSP

【GLOWフレーク】
S511 シルバー★スターダスト(青)
S512 ゴールド★スターダスト(緑)

以上。

選べるテトラワークス定番カラー12色のラインナップとなってます。

ぷちまとめ

20mmというコンパクトサイズながらにアピール力も備える豆アジ専用ワーム『Tetra Works Megalopa(テトラワークス メガロパ)』。

アジはいるのに小さくて釣れない。アタラない・・・・豆アジでも釣りたい!とにかく釣りてえよ!!って人はコヤツ、試してみては如何でしょう?

私も馴染みのポイントが既に豆アジがワラワラなので早速に試してみたい\(^o^)/

引用・出典元:https://www.duo-inc.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月下美人ドリビーム0.9はドリフト・ショートバイト対応のメバルワーム

アミノムシは一粒で二度?三度おいしい?色々狙えるイソメ系ワーム!

月下美人SWライトジグヘッドSS極みは豆アジ&ショートバイトに強い?

テトラワークス入門セットでライトゲームを初めよう!セット内容は?

グッドミールシリーズでライトロックを楽しもう!初心者もどうぞ。

MOVVY(モビー)のセット方法が斬新!微波動効果でメバルを誘惑!