JACKALL新ライジャケがクール!ウエストベルト派?サスペンダー派?

そんな派閥はあるかは分かりませんが・・・私はウエストベルト時々サスペンダータイプだ!

釣り道具は忘れてもライジャケは忘れない!!釣物語管理人です。こんにちは(^^)/

はい。今回はこの流れのままJACKALLのNEW『ライフジャケット』2タイプ。ウエストベルトタイプ&サスペンダータイプの情報をまとめてみます。

共通仕様!

国土交通省型式承認品(小型船舶用救命胴衣TYPE-A)桜マークあり(^^)

任意で膨張させるコトが可能な手動用作動策(レバー)と、落水時に水を感知して自動で膨張するハルキーロバーツ社製のHR-6Fシングルインジケーター付き充気装置を搭載!!

インジケータ↓


緑=使用可。
赤=使用済みもしくは問題有り。点検が必要。

という具合にボビンの状態がひと目で分かるヤツ。

あちなみにハルキーロバーツ社製のHR-6F充気装置というと、tailwalk(テイルウォーク)やTAKAMIYA(タカミヤ)のライフジャケットにも採用されている装置でもありますね。

気室の膨脹には、18g炭酸ガスボンベを使用。浮力(持続時間)は7.5kg以上/24時間以上(初期浮力 約9.7kg)です。(交換用ボンベキット: 18HR-6F)

あと両モデルとも、カバーを取り外して洗濯・メンテナンスも可能◎

※使用前にインジケータをチェック!

赤の場合は緩みや他に問題有りかも?重要アイテムなので、購入店及び販売店で見てもらうと良いでしょうm(__)m

JK5520RS(ウエストベルトタイプ)


※カラー:グリーンカモブラック

・カラー:3色
ブラックレッド
ブラックブルー
グリーンカモブラック
・ウエストサイズ:70〜100cm
・自重:530g
・価格:22,000円or22,800円(

グリーンカモブラック=22,800円

JK2520RS(サスペンダータイプ)


※カラー:ブラックレッド

・カラー:3色
ブラックレッド
ブラックブルー
グリーンカモブラック
・ウエストサイズ:70〜100cm
・自重:530g
・価格:23,000円or23,800円(

グリーンカモブラック=23,800円

ちょこっと補足。

サスペンダータイプは強度と耐久性の向上を図ったハーネス構造が採用されています。また気室はベルトに装着されているので、カバーが外れてしまってもライフジャケットとしてしっかり働いてくれます。

まとめ

旧モデルと近いようで何か違うなー何だろうなーとは思っていたが、アレだった。今作はJACKALLのトレードマークが□に収まってますな\(^o^)/

完全に私の好みの話ですが・・・こっちのが好き。

さて。

今や陸っぱりたちのライジャケ着用率は爆上がり中!アングラーの身嗜み。ちょっとしたおしゃれアイテムとも言えそうですね。発売はもう間もなく?なのかな。

ライジャケお探しの方は新モデルになってよりCoolになったJACKALLのライジャケ、チェックしてみてはいかがでしょう^_^

引用・出典元:https://www.jackall.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018秋冬「DAIWA×NEW ERA」キャップ3モデル情報!暖かそうだ!

34ライフジャケットの新モデル情報!ショアOK?ボートからもOK〜!

3NOラックレインジャケットが軽くておしゃれ?防水性やポイントは?

JACKALLのクールネックガードでUV対策!顔・首周り守って下さい。

mazume インフレータブルウエスト&サスペンダータイプ情報まとめ!

DAIWA2019年新作ライフジャケット(ウエスト型)情報!シンプルだ