謎のあんこうヘッドはワーム&エサ対応の二刀流!ファミリーに良さげ

今年2023年の夏は、暑、過ぎる!!

が、この暑さも冬になると忘れて恋しくなるのだろうなと一応、楽しんで?はいます。

釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

なお、エアコンなしで寝ると身体が少し溶けているような時があります。

間違いなく汗!汚物は消毒だ。笑

と汚えお話で締めた所で今回は、やや変わり種。それでいて初心者のお人やファミリーでも楽しめそうなアイテム『謎のあんこうヘッド』についてチェックして行きたく思います。

謎のあんこうヘッド

SASAME(ささめ)の”謎のあんこう”シリーズから発売中のジグヘッド『謎のあんこうヘッド』。

もはや説明は不要!?

謎のあんこうと同じく、デザインに拘った(特に目の辺り)主に、ライトゲームシーンで活躍するジグヘッドですね。

ワーム&エサ、どっちも◎

パッケージにガッツリ表記されている通り『謎のあんこうヘッド』は、ワームとエサどちらにも対応しています。

従来のジグヘッドでもイケますが。笑

事前にエサ(イソメ系・エビ、アミ系など)釣りを想定した用意をしておけば、ワームを用いた本格的なライトゲーム〜エサを使ったちょい投げ・落とし込みまで楽しめるというコトになりますね。

ワーム→エサ!!

みたく、はじめはワームで攻めて、釣れない。飽きた・・・となったらエサ釣りにシフトするのも良いかもしれません。エサを言わば保険的なモノにする感じですか。

※エサ釣りのメリット・デメリット

メリット=ワームより様々な魚にも出会える可能性が高く、釣果アップも見込めます。

デメリット=イソメ系は、虫苦手にはややホラー(ただし、イソメ系は強い。)。オコゼ・ゴンズイなどの身近な毒系の魚も釣れてしまう。

ワームとエサの二刀流で行けば、初心者のお人やファミリー釣りでもそれなりに楽しむコトは出来るハズです(・∀・)

なお、フックは今や見る機会がなくなったカエシが外側についたアウトバーブが採用されています。バラシにくいと言われていた仕様です。が。

スペック


※カラー:フラミンゴン

■
 謎のあんこうヘッド

・ウエイト:2g/3.5g/5g
・入数:2本
・価格:550円

カラーラインナップ

フラミンゴン
ピヨコイエロー
スライムブルー
ケロケログロー

3ウエイトの4色展開となります。

あんこうっぽいカラーが皆無なのは置いといて、派手系とローライト時に目立つラインナップですね。

視認性が高く使い手が見やすいのも良い所かと。

ぷちまとめ

ワーム&エサの二刀流を想定した拘りデザイン(見た目)のジグヘッド『謎のあんこうヘッド』。

変わり種アイテム寄りではありますが、釣りに一摘みの楽しい要素を+したい場合に一役買ってくれるのではないかと。

”謎のあんこう”シリーズは、そういう意味では盛り上げ上手です。

変わり種・面白アイテム好きのお人はほかシリーズもチェックをm(__)m

引用・出典
https://www.sasame.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

うきまろッド&リールセット、再び!今度のうきまろはスピニングだ!

グッドロッド(延べ竿モデル)は小物釣り向き?竿と仕掛けの繋げ方は?

テナガエビ釣りに必要な道具は?時期や泥抜きの時間、ポイントも確認!

謎のチビあんこうは堤防・海釣り公園遊びに最適?ちょうど良い重さ!

エッグキャストソフティーはハゼ釣りやトラウト向けの激柔ロッド!?

うきまろブラクリでお手軽フィッシン!初心者や女性、キッズにも良い!