DAIWA×NEW ERA 2022春夏新作キャップ情報まとめ!無難で汎用的?

キャップもしくはハットを忘れたら・・・・

タオル頬被りで脳天をガード。+偏光ないし、サングラスにマスクってもはや如何にもな不審者スタイルで釣りをスル。

オレ、釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

通報されないか怖いけど悪いコトはしてないもん。

さて。

帽子はこれからの時期、釣りに限らずアウトドア遊びで特に欲しいアイテムです。

ということで今回は、帽子!2022年4月リリースの『DAIWA×NEWERA』コラボキャップ2モデルの情報をまとめていきます。

DC-5022N(9FIFTY™ Diamond Era®)


※カラー:ホワイトブラック

・サイズ:フリー(58〜60cm)
・カラー:ネイビーグレー/ホワイトブラック
・価格:5,800円(メーカー希望)

※サイズは目安です。

NEW ERAを代表する59FIFTYの形状そのまま、スナップバックが追加された9FIFTY™(ナインフィフティー)モデル。

フロントパネルに、通気性・吸汗速乾、紫外線防御(UPF50+)を兼ね備えた高機能素材「Diamond Era®」採用のハーフメッシュキャップです。

DC-1122N(9FIFTY™ GORE-TEX)


※カラー:ブラック

・サイズ:フリー(58〜60cm)
・カラー:ブラック
・価格:7,500円(メーカー希望)

※サイズは目安です。

こちらもNEW ERAを代表する59FIFTYの形状そのままに、スナップバックが追加された9FIFTY™(ナインフィフティー)モデル。


肌にメンブレンが直接触れないよう裏地の代わりに特殊コーティングが施された防水透湿性、軽さが特徴の「GORE-TEX PACLITE®(パックライト)」(2.5層生地) が採用されています。

いずれもデザインの似合う似合わないはあるかと思いますが、スナップバックでフィット感・サイズ調整が効くので、サイズ調整のない(トゥルーフィッテド)キャップよりサイズ選択のミスが少ない。ハズ。

洗濯方法

両モデル共に洗濯不可!!となっています。

汚れたらどうしろと?いう所ですが、

汚れてしまったら・・・・堅く絞った濡れタオルで拭き取るように「たたき拭き」をして、水ですすいだきれいな絞った濡れタオルで数回「清めぶき」をします。

その後、日陰の風通しの良い場所に置いて湿気を飛ばした後、型崩れしないように保管します。

※汚れがヒドイ場合。

表面の異物(ホコリ・ゴミ)を排除→中性洗剤を含ませたタオルでソフトにポンポン→濡れタオルで洗剤を拭き取る→日陰の風通しの良い場所に置いて湿気を飛ばす→型崩れしないように保管。

汚れが特に激しい部分は歯ブラシや綿棒を使うと良いです。

基本的には優しくです。




ぷちまとめ

以上の2モデルが今春2022年4月リリース予定のDAIWA×NEW ERAコラボキャップとなります。

昨年2021年にリリースされたNEW ERAコラボキャップと比べると、デザイン的には大人しめというか無難な感じですね。

しかし、無難がゆえに着用しやすいコトは間違いないかと思います。あと、意外にも他の人と被らないまである。

尖ってないデザイン、機能性を求めるお人は是非m(__)m

この類のキャップってどうしてもツバを後ろにやってしまう。俗にいうEROかぶり。笑

引用・出典
https://www.daiwa.com/jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

MZXタイドマニアライフジャケットがウェーディング入門者にオススメ

JACKALL新ライジャケがクール!ウエストベルト派?サスペンダー派?

2018秋冬「DAIWA×NEW ERA」キャップ3モデル情報!暖かそうだ!

DAIWAウォッシャブルライフジャケットに新カラー参戦でオシャレ感UP

DAIWAのライジャケ「DF-2222」は小型で軽い!?ベルトの部分が…

JACKALLのクールネックガードでUV対策!顔・首周り守って下さい。