34ライフジャケットの新モデル情報!ショアOK?ボートからもOK〜!

自意識過剰なヤツは往々に「OK〜」を使う。

って、いつぞやのイッテQでネタにしていたコトを思い出した。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(_ _)m

さておき。

釣りをするにあたってタックルも大事ですが、まずは万一に備えた安全確保から!!

ということで、今回は釣り人の正装と言っても過言ではない!?数あるライフジャケットの一つ。

34から発売中の『NEW34ライフジャケット』の情報をまとめていきます。

基本情報

NEWモデルの34ライフジャケットは、腰に巻くウエストベルトタイプのみの展開となります。※国土交通省型式承認品。

旧モデルは「Type-G」と呼ばれる平水区域のみに対応しているモデルでしたが、NEWモデルは、桜マーク付きの「Type-A」でショアからの使用はもちろんボート、遊漁船での釣りにも使用できます\(^o^)/

また本体にはお好みでダストポーチやリーダーケースを取付けるコトが可能です。

スペック


※カラー:デニム

■ BSJ-5520RS

・サイズ:61×15×5.8cm
・カラー:3色
デニム
迷彩(黒ライン)
迷彩(赤ライン)
・価格:21,000円(税別)

デニムはSS(スペシャルショップ)限定カラー。迷彩(黒ライン)は一般店舗にて、迷彩(赤ライン)はサークルカラー(サークル34会員)向けに。

という具合にカラーによって取り扱い店舗や程度の条件があるようですな。

ぷちまとめ

やはり有名所のライジャケとなるとお値段もそれなりになってきますが、有名所ゆえの安心感というのもあります。

もちろん、もっと価格の抑えられたものにも良いものは多数存在すると思いますが、それでも私的にはこの辺りの価格帯のライジャケをオススメしたい(^^)/

ここからはいらぬ情報かもですが、ライジャケを選ぶ際には「Type」を要確認するようにしておきましょう。

※「Type」によって対応する水域が異なります。

必ずしも「桜マーク=Type-A」というわけではないので、桜マークあるのに安いウホっ!って飛びつかないようm(_ _)m

以上です。

まずは安全を第一に。マナーを守り、モラルを持って共に釣りを楽しみましょうぞ。

引用・出典元:https://34net.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JACKALL新ライジャケがクール!ウエストベルト派?サスペンダー派?

MCクールムーバーで暑さ対策!暑がり(汗かき)アングラー必見!

2019春夏「DAIWA×NEW ERA」キャップ情報まとめ!今年もあります

紫外線カット・冷却グッズ「DRESSクールシリーズ」で夏を乗り切れ!

mazume インフレータブルウエスト&サスペンダータイプ情報まとめ!

DAIWAからビーサン登場!水辺のレジャーから普段履きにもイイネ!