ブエナビスタコンボは携行性高めのライトタックル?シエナコンボは?

コンボって聞くと太鼓の達人を思い出すドン。

腕前は・・・・アレ。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

たいたつとかダンレボとか音ゲー上手い人ってガチっすよね。靴脱いでビーマニやってる人を見たことがあって理由を聞いたら高さを調整してたらしい。笑

はい。

そろそろ軌道修正して!本題へ行くドン。

今回は2022年8月現在、発売ほかほかのアイテム『BUENAVISTA COMBO』の情報をまとめていきます。

BUENAVISTA COMBO

SHIMANOから発売中のオールインワンバッグ『BUENAVISTA COMBO(ブエナビスタコンボ)』。

テレスコ(振り出し)ロッド!スピニングリール!をまとめて入れる専用ケース!!

が、一式セットになったお手軽さ重視&移動手段が限られたアングラーにピッタリのコンパクツセットながら・・・・

(野・人工)池に管理釣り場といった淡水域から堤防・海釣り公園などの海水域まで様々なフィールドに対応します。

搭載システム

ブエナビスタ(リール)には、キャスト時の疲労感の軽減&ロッドの操作性向上に寄与する「G フリーボディ」、ライントラブルの抑制と遠投性能の両立を実現する「AR-Cスプール」が搭載されています。


また予めナイロンライン(1.5号)が130m巻かれているので、別で用意しているルアーor仕掛けをセットすれば、すぐに釣りを始めるコトが出来ます(・∀・)

あ、もちろん海水にも対応しています。

※使用後は水洗いをm(_ _)m

ロッドのガイドシステムは、ロッドの性能を引き出すために最適な口径の「Fuji製Oリングガイド」を、グリップは握りやすく滑りにくい「コルク素材」を採用しています。


あと穂先カバー(キャップ)+専用ケースを標準装備!!

こんな所ですかね。

ブエナビスタコンボとシエナコンボ!

ブエナビスタコンボ』は、後述のスペックからも察しがつくかと思いますが、


※ブエナビスタコンボ対応釣種表

主にライトリグや小型ハードルアー、ショートサビキなどの扱いに適したタックルとなっています。

一方、同じオールインワンバッグ『シエナコンボ』。


※タックル:シエナコンボ

モデルによって得手不得手はありますが、波止釣り(フカセ/サビキ)にチョイ投げ(サーフも)、ライトショアソルト(アジング/シーバス/エギングなど)といった幅広い釣りに対応します。

ブエナ・シエナコンボ、それぞれの特徴をあげると

ブエナビスタコンボ=携行性が高いライトタックル

シエナコンボ=様々な釣法(エサ・ルアー)やターゲットに対応する汎用タックル

こんな感じですかね。

使い手によって、やりたい釣りやターゲット、移動手段、保管など諸々の事情があるでしょうから何とも言えませんが、

携行性重視でライトな釣りをしたいなら『ブエナビスタコンボ』、色々な釣りを幅広くやりたいなら『シエナコンボ』が良いかと。

※注意点「CASE:シエナコンボ」

一見するとパーフェクツな感じしますが、一部ハズレ(穂先が弱い)が混ざってるのかな?という印象です。

「シエナ(リール単体)」は、値段の割にそこそこ使えるっぽいです◎

ネットで購入→到着時すでに折れていたら完全にアウツですが、気づかぬ内に雑に扱ってて破損させている可能性もあるので、移動時や仕舞い時、ロッドを伸ばす際などは意識して注意を




スペック

■
 ロッド(S56L)

・全長:1.68m
・継数:5本
・仕舞寸法:49.0cm
・先径:1.3cm
・自重:92g
・適合ルアーウエイト:3〜15g
・錘負荷:1〜5号
・ライン:ナイロン=2〜8lb/PE=0.3〜0.8号
・カーボン含有率:45.0%

■ ロッド(S60ML)

・全長:1.83m
・継数:6本
・仕舞寸法:44.5cm
・先径:1.3cm
・自重:102g
・適合ルアーウエイト:5〜21g
・錘負荷:3〜10号
・ライン:ナイロン=3〜12lb/PE=0.4〜1.0号
・カーボン含有率:35.0%

■ リール

・付属ライン:1.5号-130m(交換可)
・ギア比:5:1
・自重:220g
・最大巻上長:61cm
・ハンドル長:45mm
・BB数:1/1

【本体価格】

・S56L=15,000円

・S60ML=15,500円

メーカー表記価格は、シエナコンボよりややお高めですが、実売価格で言うと12,000円位すかね。

※錘負荷は”落とし込み時の目安号数”です。

キャストの釣りをする場合の錘(おもり)の号数については、ルアー重量を目安に選択するとよろしいかと。

ちなみに、錘は1号=3.75gです。

ぷちまとめ

携行性重視&基本ライトな釣りメインのオールインワンバッグ『BUENAVISTA COMBO(ブエナビスタコンボ)』。

釣法やターゲットは、シエナコンボと比べるとかなり限られて来ますが、携行性と保管時における場所の取らなさは群を抜くハズです。

旅行先はもち、散歩がてらにちょっとやったろかい。なんて考えてるお人、また女性やキッズ用の小ちゃくて持ち運びが楽なタックルをお探しのお人も是非m(_ _)m

あ、ルアーやワームほか仕掛けは別売りなのでそちらの用意はお忘れなく!笑

引用・出典
https://fish.shimano.com/ja-JP

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ ブエナビスタコンボ S60ML モバイルロッド 22年モデル
価格:11935円(税込、送料別) (2022/8/17時点)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ペンロッド(ペン型釣竿)って使えるの?メリットとデメリットは?

エッグアームワカサギーで寒い冬の釣りをポップな気分で楽しもう!!

光るロッド「ネオンロッド」は夜釣りで本領発揮!とにかく目立つ!

ブロックフロートは海に漂うレゴ!?おもちゃ?いいえ、それウキです。

うきまろッド&リールセット、再び!今度のうきまろはスピニングだ!

CP1000は万能チョイ投げオールインワンバッグ!CP-X1との違いは?