バグドックは弱点を克服した虫ルアー!?リアルかつよく飛びます。

久々の夜バス釣りに滾る俺!第一歩目でウキャ!なんか踏む。

釣物語管理人です。こんにちはm(_ _)m

車降りて一歩目はあかん。犬?猫?獣?のうんこ◯はホントに仕掛けられていたとしか思えない・・・あっ◯の位置がズレてる。皆さんは足元の警戒を怠らぬように!(言いつつ仲間集う)

さて、私の経験の基づいた注意を終えた所で今回はこれからの時期に使いたいアイテム!JACKALLから発売のNEWルアー『BUGDOG』についてチェックしていきます。

BUGDOG

JACKALLの重鎮・加藤誠司氏が10年以上ひっそり温めてきた実績のあるルアーをさらに磨きあげて完成に至った『BUGDOG(バグドッグ)』。

バグドックは表面張力による見破られにくさ、そして虫ルアーの弱点とも言える飛距離性能を克服した・・・・ざっくり、リアルかつよく飛ぶ虫ルアーって所ですかね。

ちなみにパーツ(羽・足)は、破損しても簡単にスペアパーツと交換するコトが可能です。

各パーツをチェック!

まずはボディから!!


バグドックは全体が、ハードボディ(一部エラストマー素材を採用)に設計されているコトで、従来の虫ルアーにありがちなソフトルボディに生み出せない飛距離性能を確保しています。

上記した弱点とも言える飛距離面をカバーしたポイントですね。

続いて、見破られにくさに大きく関係する羽根には、極薄のPE(ポリエチレン)素材が採用されています。


このペラペラ薄っぺらな羽根が、水に落ちた虫をリアルに再現して敏感になってるバスをも誘惑します。

リアルと言うともう一つ!!脚。

姿勢の安定や移動を抑えるシリコン製の脚パーツが、シルエットのみならずアクションをよりリアルに魅せます。

そして書く順番をミスった・・・気がしないでもない。


ボディ一部、いやヘッド部分に採用されたエラストマー素材。これはまあマス鉤のチョン掛け用のズレ防止対策って所ですね。

以上ずら。

簡単に言うとハードルアーとソフトルアーの良さを兼ね備えたハイブリッドな虫ルアーって感じかしら。

いや〜虫ルアーに飛距離性能が+されてるのはかなりデカイすね。

基本的な使い方!

虫系ルアー使いならやってる人も多い気がす。

キャストして水面でポーズを取る!

これが基本!!アクションとかあまり入れず、とにかく違和感を与えないようにするのがポイントすね。

ほんのりモゾモゾ動かすのはありかも?(私はよくやる釣れる)

スペック


※カラー:バグスケルトン

■ BUGDOG(バグドッグ)

・サイズ:37mm
・ウエイト:3.1g
・タイプ:フローティング
・価格:1,280円

※スペアパーツ付属かは不明ですm(_ _)m

カラー

グリーンカナブン
スズメバチ
ホワイトシロヒトリ
バグブラック
バグスケルトン
バグチャート
バグピンク
チャートバックゴーストシケーダー
ピンクバックシケーダー
羽化ゼミ

全10色。反響があるようなら数年後とかにNEWルアーの顔して追加カラー参戦の可能性も高そうだ。

ちなみに破損した際のパーツ交換については、工具とか必要なくフィールドでも簡単に交換が出来ます。(よっぽど手先が不器用でなければ)

ぷちまとめ

これからの時期に間違いなく活躍するであろう『BUGDOG(バグドッグ)』。特に野池なんかでは最高に熱いサーフェスゲームを楽しませてくれそうな予感ですわね\(^o^)/

かっと飛ばしてこれまでにはないストレスフリーな虫ルアーでの釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

引用・出典元:https://www.jackall.co.jp

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニンジャトゥイッチングライダーとグライダーの違いは?攻め向き!?

パワーフラッター4インチはキムケンPの全部のせ?万能型ワーム!!

ハンプリーは裏技的使い方も可能な小型ミノー!めちゃ釣れそうです。

クロールアップは根掛かりに強いクランクベイト!底をなめ倒せ!!

ハッタクローラーはめちゃ長い超ウネウネワーム!対応リグが多彩?

メタルマスターは根掛かりに強いメタルジグ!?海でも使えそう!