月下美人SWライトジグヘッドSS極みは豆アジ&ショートバイトに強い?

初日の出、釣り場で拝もうぜ!!!

仲間とそんな話で盛り上がったものの、実は行ぎだくない(・-・)

とは言えなかった。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんは。

前日から集まって血で血を洗う戦い(麻雀)が始まる→釣り。の流れに絶対なる;(∩´﹏`∩);:

そんな体力、ねえよ!

なんとか・・・・せねば!!!!っていう誰も得しない俺の年末・年始に掛けてのプランを語った所で本題へ。

今回はタフコンで活躍する?ジグヘッド『月下美人SWライトジグヘッドSS極み』について書いていきます。

月下美人SWライトジグヘッドSS極み

DAIWAのライトゲームブランド”月下美人”から発売中のほぼアジ専用ジグヘッド『月下美人SWライトジグヘッドSS極み』。

フックがとにかく小さい!

プランクトンパターン等で浅いバイトが多発、また豆アジがワラワラしてる際に効果を発揮する吸い込みやすい幅狭ゲイプ&超ショートシャンクフック仕様の極小ジグヘッドとなっています。

工夫の効いた極小ジグヘッド!

極小ジグヘッドとなると気になる、あるいは心配なポイントがいくつか浮かぶと思います。

操作感」とか、極小ジグヘッドあるある「ラインアイのデカさ」とか・・・・この辺!

月下美人SWライトジグヘッドSS極みは、やってくれてます。

ではそれぞれ見て行きま。


まずは「操作感」。

ジグヘッドの定番・ラウンド形状のヘッドを低重心設計、かつ、潮受けカップを設けて、キャストのしやすさはもち、水中ではカップが水の抵抗を受けて軽量ながらリグの存在を示します。

存在感を感じられるということは、レンジキープといったテクやフォール等のアクションの行いやすさ・・・操作感に繋がるということですね。

ワオ!

続いて「ラインアイのデカさ」。

極小フックもといジグヘッドは、そのサイズに合わせてラインアイが小さいものが多く、とにかくラインが通しにくい!!

特に夜!

ですが、此奴はラインアイが大口径化されててその辺の小型ジグヘッドよりスルスル〜とアイにラインを通せます。無駄なストレスは無し\(^o^)/

 

あと一応フックは、吸い込みやすさ抜群の超小型仕様、刺さり抜群の「サクサスフック」が採用されてます。

小さいながら使い手の求める要素が詰め込まれたそんなジグヘッドすね。

スペック


※月下美人SWライトジグヘッドSS極み0.9g#14

■ 月下美人SWライトジグヘッドSS極み

・ウエイト(約):0.3g/0.6g/0.9g/1.2g
・フックサイズ:#12/#14
・入数:4本
・価格:400円

4ウエイトのフックは2サイズの計8モデル。

セットするワームのサイズは、1.0インチ以下〜2.0インチくらいが理想すね。

ぷちまとめ・感想

0.3gと0.6g辺りは軽量リグの扱いに不慣れな人にはちょっと扱いづらいかもな印象です。

扱いやすさでいうとこう。

0.3g<0.6g<0.9g<1.2g

ウエイトがあればその分扱いやすくなりますが、軽ければ飛距離が出ない一方で、よりスローに魅せられる。逆にウエイトが上がれば飛距離は出るけどスローに魅せづらい!!

みたいな。

タックルのバランスとか踏まえて、狙いたい距離やレンジに合わせて選択するといいかもですね。

いずれにせよ、豆アジ&ショートバイトに強いという部分は揺るがないので、他アイテムと混ぜてガンガン使っていくと釣果が上がる可能性はかなり高いと思われます。

アタるのにのらねえ・・・・なんとかしてよ!なんてお悩みの人、あと数釣りを楽しみたい人も!『月下美人SWライトジグヘッドSS極み』を一発投入してみてはいかがでしょう(^^)

引用・出典:https://www.daiwa.com/jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビームスティック極みはセットしにくさを克服したビームスティック?

アミノムシは一粒で二度?三度おいしい?色々狙えるイソメ系ワーム!

ぷりぷりテールは巻き良しフォール良し!簡単操作でハイアピール!?

チビアジアダーは釣れる気しかしない期待のアジワーム!小ささが武器!

リルハスラーが復活!ガシラに強い?いえ、もちろんメバルもいけます

月下美人ドリビーム0.9はドリフト・ショートバイト対応のメバルワーム