JITTE(ジッテ)はお楽しみ要素満載のモバイルロッド!対応魚種は?

仕事がすんだら事だぜ!!

っていう昔流れてたパチ◯コ『必殺仕事人Ⅲ』のテレビCMを思い出した。既に引退していますが、色々と蘇る所はあります。

釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

主水と書いてもんど!?ってなったのが凄い懐かしい。

さて。

主水といえば十手持ち・・・・ここから本題へ繋げるのは何とも言えませんが、そろそろ行きます。

今回は、歩きやバス・電車、チャリ、バイクなど持ち物が限られた状況で活躍するのはもちろん、遊び心もぎっしり詰め込まれたコンパクト仕様のロッド『JITTE』の情報をまとめていきます。

JITTE

DAIWAから2023年2月発売予定のモバイル/コンパクトロッド『JITTE(ジッテ)』。

コンパクトロッド持ち前の携帯性の高さに加え、和テイストのオサレデザインとトップカバーがグリップになるという斬新なシステムを搭載したタックルです。

トップカバー(太い方)をグリップ(細い方)にセットして使用する一部の仕組みは、どこかペンロッドを彷彿とさせる所がありますね。

サイズやスペックは、段違いですが。

搭載システム

ブランクスは、ロッド操作時のパワーロスへと繋がるネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」を採用。

リールシートにはそれぞれ、

・スピニングモデル=DAIWAお馴染み汎用性の高い「富士のDPSシート」

・ベイトモデル=軽量・高強度・高感度を実現する「エアセンサーストレートシート」

が採用されています。

トップガイドには、ラインに優しい「SiCガイド」を搭載!

そして、ジッテの目玉とも言えるトップカバーがグリップに変化する構造「INLOシステム」は、


竿出し〜納竿まで釣りだけでなく、準備からお片付けまですべて楽しむ!!

という忘れ(かけ)ていた初心を蘇らせてくれる、また心にゆとりを生み出してくれる素敵なシステムとも言えそうです。

当たり前のようにやってた動作をすべてを楽しもう的な?行く前から帰りまで楽しい遠足の時のソレっすね。微妙に違う(・∀・)?

ガチャガチャと組み立てたり、分解したりするのが好きなお人には特に刺さりそうです。

対応魚種は?

今回リリースされる2モデル(スピニング/ベイト)は、共通して汎用ルアーロッドというコトですが、もちろんモデルに合った得手不得手な釣りがあります。

・JITTE 677S(スピニングモデル)

淡水ではトラウトやバス釣りなど、海水ではアジやメバル、カマスなどライトゲームに対応するモデル。

・JITTE 677B(ベイトモデル)

淡水ではバス釣り、海水ではカサゴやソイ系などロックフィッシュに対応するモデル。

分けるとこんな感じです。

どちらもバーサタイル(万能・多目的)仕様とのことなので、適合するウエイトの範囲内であれば、それなりのリグやルアーが使用出来ます。

※使用時の注意点!?

これだけは忘れちゃあいけない!!という重要な所を確認しておきたく。

使用時というより、収納時の注意点です。

収納時に、金属リング(リールシート付近にある)が見えなくなる位置までフードナットのスクリューを巻かないようにしましょう。

理由に関してはお察しの通り、トップカバー内部の底がロッドの穂先を押して破損させてしまう可能性があると。

キャップの底で穂先をやる感じですね。

入手したらすぐにサワサワしたい気持ちは分かりますが、まずは付属の取り扱い説明書を要確認しておきましょう(・∀・)



スペック


■ JITTE 677S(スピニングモデル)

・
全長:2.01m
・継数:7本
・仕舞寸法:47cm
・自重:140g
・先径/元径:1.3mm/29.7mm
・適合ウエイト:1.5~7g
・ナイロンライン:3~8lb.
・カーボン含有率:95%
・メーカー希望価格:25,900円


JITTE 677B(ベイトモデル)

・
全長:2.01m
・継数:7本
・仕舞寸法:46cm
・自重:135cm
・先径/元径:1.3mm/29.7mm
・適合ウエイト:5~18g
・ナイロンライン:8~16lb.
・カーボン含有率:95%
・メーカー希望価格:25,900円

こうですね。

いずれのモデルも似ていますが、上記でやんわり触れたようにモデルごとに合わせたセッティングが施されています。

ぷちまとめ

釣りしてる時も、釣りする前後の時間も想像して、組み立てて楽しむ!!

見た目からセッティング(竿出し〜納竿)まで全てを楽しんで行くスタイルのコンパクトロッド『JITTE(ジッテ)』。

なお、INLOシステムは、兄弟モデル「INLO(兄)」にも採用されていますが、こちらは2023春限定抽選販売アイテムでお値段は税込み価格驚異の330,000円!?

これは超兄貴。笑

ジッテは私も欲しいが車移動がメインなので少し迷う・・・・INLOは無理ずらm(__)m

引用・出典
https://www.daiwa.com/jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

CP-X1はコンパクト過ぎるライトゲーム向けのオールインタックル!?

リバティクラブ ライトパックの強みは携行性の高さ!デメリットは?

RGM spec.6は海向けモバイルロッド?各機種の仕様や出来る釣りは!?

ズームサファリは汎用性と携行性を備えるカッコ可愛いパックロッド!

7 1/2(ナナハン)は本気の万能マルチピースロッド!さあ何を狙おうか…

CP-X2はCP-X1のベイトモデル版?スパイグッズ感とお弁当箱感は健在!