ナッゾジグは魚種・フィールドを選ばない万能ジグ!使い方も簡単だ!

ホントどうしよう。久々にゲームしたら楽しすぎる。

釣りにも行かず・・・・サイトも更新せず、ゴウトゥも使わず対馬巡りを楽しんでいます。

釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(_ _)m

ゴーストオブツシマ、オモロー!

といった所で一区切りして現実へと帰還し、

今回はもう前々から発売日が気になって仕方がなかった魚種限定解除的なジグ『NAZZO JIG』の情報をまとめていきます。

NAZZO JIG

レオンこと加来匠氏との渾身のコラボアイテム!!

INX.LABEL(インクスレーベル)より2021年1月上旬発売予定のジグ『NAZZO JIG light zone(ナッゾジグ ライトゾーン)』。

飛距離性能やフラッシングによるアピールといったメタルジグの特性そのままにジグヘッドを使用するような感覚で扱えて、一つで淡水・海水・汽水域と様々なフィールド&魚種に対応する万能メタルジグです。

特長!

独特の形状をしたナッゾジグは・・・・

フリー及び、テンションフォールでは水平姿勢を保ち、リアに配置された極小ブレードがシャッドワームやジョイントミノーを彷彿させるクネクネアクションを発生させてターゲットたちを誘惑します。

フォルム的には、スピンテール系にカテゴライズされるのでしょうが、アクションはスピンテールとはまるで別物。

ミノープラグのそれ!

です。

とここまでは、表層〜下層で巻き&フォールの釣りをした時のお話!

こいつは、根魚好きの加来氏が生み出したとあってボトムの釣りにも強いんすね。

リアに搭載された新機軸のブレードフックシステム(極小ブレード+プラグ用シングルフック抱き合わせ地獄針仕様)は、


ボトムを舐めるようにズル引きしても高いフッキング性能を発揮しつつ、根掛りし難くなっています。

なので、ゴリゴリ(ゴロタ)のボトムでボトムバンプやズル引きしてもOKです\(^o^)/

加来氏は自身がかつて手掛けた魚種限定解除のフレーズでお馴染みBREADENの『メタルマル』を越えるコトを目標にしていたとか!いなかったとか・・・・

さておき。

一つで色々な魚種を狙えるにも関わらず、基本的な使い方は、巻く、落とす、ズル引くのいずれかとたいへん簡単なので、アクションを苦手とするお人にもいいじゃないかと思います(^^)/

スペック


※カラー:#05クロアワビ/ゴールド

■ NAZZO JIG light zone

・サイズ&ウエイト:3ウエイト
36mm=5.5g
31mm=3.5g
25mm=1.8g

・フック
5.5g&3.5g=#10
1.8g=#12

・ブレード&リング
5.5g&3.5g=#0
1.8g=#00

・価格:680円

カラー

※本体カラー/ブレードカラー

#01シラスシルバー/シルバー
#02アカキン/コパー
#03ミドキン/ゴールド
#04ブルピンイワシ/シルバー
#05クロアワビ/ゴールド
#06ホロチカ/シルバー

ライトゾーンは、上記3ウエイトに6色のラインナップ!

後にミッドゾーン(8〜16g)、ヘビーゾーン(25〜45g)の発売も控えていますm(_ _)m

ぷちまとめ

デザイン的にはメタルマルと比べるとかなりシンプルですが、故に値段もまんずまんず!

それでいてメタルマルと張る・・・・あるいは越えて来るようなら確実にゲットしておきたいですね。

個人的にも今最も注目しているルアーです。

一つのルアーで色々と釣りたい!!

というお人は『NAZZO JIG light zone』を手に取ってみては如何でしょう。

私は見つけたら100パー買います(^^)

引用・出典:INX.LABEL

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナノドロップは即戦力間違い無しのアジ専用メタルジグ!芸が細かい!

スピンボウイは定番フォルムのライトゲーム向けテールスピン!無難!

シーブリットはライトゲーム向けの鉄板バイブ!だが、バスもイケる!

コレット 45/60はメバル用プラグの一軍!?初心者も使いやすい?

ソルティーステージ エビペンFはアクション苦手でもOK?なプラグ!?

ジョイクロ70SCがメバルに効く!?使い方や簡単カスタム方法も確認!