ドラウンドラゴンフライ(トンボ)がリアル!夏の虫パターンに炸裂?

トンボは釣りをしているとロッドにしっかり止まるので装飾みたいだわ。

みたく、観察していた頃もありましたが・・・

トンボは噛む!!

みたいなお話を聞いてからビビっています。釣物語管理人です。こんにちはあるいはこんばんはm(__)m

トンボがロッドに止まる理由は、体温を上げるためらしい。(付け焼き刃な知識)

とソレっぽい流れを作った?ところで。

今回は、虫が活動する季節=初夏以降に使い所が増えそうなリアル虫系プラグ『DROWN DRAGONFLY』の情報をチェックしていきます。

DROWN DRAGONFLY

DAIWAから2024年5月発売予定のバス用プラグ『DROWN DRAGONFLY(ドラウンドラゴンフライ)』。

まんま、ドラウンドラゴンフライ=溺れるトンボのフォルムや動きをイミテートしたトップウォータープラグとなります。

表層意識&虫パターンに入る初夏〜秋にかけて活躍するアイテムですね。

ザ・リアル

フォルムはもちろん、細部にも拘りが見られます。

羽根部分には、中空ラバーを採用して水面〜水面下に見え隠れするトンボの羽根・浮き姿勢を再現。


※カラー:オニヤンマ

尻尾部分には、飛距離性能・正確さやアピールに寄与する浮力&ウエイトを備えたエラストマー樹脂が使用されています。また、ボディと尻尾には繋ぎ目(関節構造)があり、バイト時に尻尾が上方向へと曲がってバイトが弾かれにくくなっています。

そして、ボディに装着されたフックには、トンボの脚をイメージしたマッドグレーカラーのサクサスフックが装備されています。

こんな感じで、全体を通してリアルさが追求されています。

使い方

についてですが、

放置or細かくシェイク!!

もしくは、合わせ技でも大丈夫かと。流れがあるようポイントなら流れも利用したいところですね。

いずれにしても、落水したトンボをイメージして動かせばOK!

トンボやセミ等、虫が多いポイント・・・私の中では「初夏〜秋・マズメ・野池」なんかが条件的にスバピタです。



スペック


※カラー:羽化

■
DROWN DRAGONFLY

・サイズ:72mm
・自重:2.8g
・タイプ:フローティング
・フックサイズ:#10
・リングサイズ:#0
・メーカー希望価格:1,400円

カラーラインナップ

オニヤンマ
ギンヤンマ
シオカラ
アカネ
アカトンボ
羽化

の6色展開となります。

いずれもカラーもリアル路線のラインナップでちょっと怖い。笑

ぷちまとめ

溺れるトンボのフォルムや動きをイミテートしたリアル虫系トップWプラグ『DROWN DRAGONFLY』。

使い方は、ほぼ静!!

ですが、バイト時にはトップの醍醐味の水面爆発が味わえますね。来たるバス釣りのトップウォーターシーズンに合わせて色々と準備しておきましょう。

アカトンボと羽化辺りは個人的にも使ってみたく。

引用・出典
https://www.daiwa.com/jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【魚種限定解除】メガバスのマキッパは誰でも簡単に使える優秀ジグ!

メタルバイブサビキセットは投げて巻くだけ?簡単ハイアピール仕掛け!

ジューブルはソフトボディのバイブレーション!冬のバスに効きそう!?

対カバー攻略フリックシェイク「ホールフリック」参上!リグ情報も!

ビッグバッカースピンはストレスフリーのテールスピンジグ?弱点は…

サゴシーZ95HSは価格設定が魅力のミノー!アクションは間違いない!